たまにはセイコーの話でも

セイコー

どうも、一時期SEIKO MODにハマった時計大好きロレ山です。
まあMOD品に関しては時計好き界隈では賛否両論あるので詳しくは書きません。

ブランド時計、と聞くと誰しもが海外をイメージすると思います。スイスとか。
まあ確かに日本の時計メーカーはブランディングが苦手なんで、「ステータスシンボル」でいうと劣っているのは否めないですね…

それでも!!

日本人であるならば、世界に誇れる時計ブランド、セイコーをすこれ、ということで今回はSEIKOの歴史や、セイコーの中でも高級路線であるグランドセイコーについてご紹介しようと思います!

セイコーの始まり

セイコーは1881年に輸入時計を販売する「服部時計店」として服部金太郎氏が創業したメーカー。
1892年に製造開発部門である精工舎を設立し、本格的に時計製造を開始することになります。

そして精工舎はすべてのパーツを自社で開発することで高品質な時計を作ることに成功します。
精工舎が精巧な時計を作ることに成功!すごい韻踏んでますね…

そしてその後も順調な成長を遂げ、設立後10年ほどで国内でも随一の時計工場として名を轟かせるようになります。

1899年には欧米仕込みの最新設備を取り入れ大量生産体制を整えることに成功!YO!
さらに国産初である腕時計「ローレル」が大ヒットを飛ばし、国産時計シェアの60%を占めるなど、日本を代表する時計メーカーとして君臨しました。

セイコー炎上事件

順風満帆に見えたセイコーですが、1923年に大炎上します。
ネット上での炎上ではありません。物理的なヤツです。
そうそれは…

関東大震災

この日本史に残る震災をうけ、精工舎の工場は全焼してしまいました。
それに伴い、生産も販売も完全にストップしてしまいました。

しかし!さすがのセイコー!気合で1年ほどで体制を立て直します。
その時に心機一転し、翌年の1924年に「SEIKO」という商標を初めて使用しました。

第二次世界大戦後はとてつもない発展を遂げます。
独自設計の機械式時計を次々にリリースし、1964年の東京オリンピックでは公式時計を担当するなど、世界最高峰の精度を誇る時計メーカーとしての地位を築き上げました!

世界初のクォーツ式腕時計を作ったのはセイコー

国産時計メーカーとしての地位を不動のものにしたセイコー。
そんなセイコーを語るうえで外すことのできないのが「クォーツ革命」ではないでしょうか?

今では当たり前のように出回っているクォーツ式腕時計ですが、世界で初めて作ったのはなんとSEIKO!1969年のことでした。
この発明は機械式腕時計が主流だった腕時計業界の概念を覆した革命的な出来事と言われました。

クォーツ腕時計のこと、知っていますか?

普段何となく「クォーツ式」って言っていますが、根本的なことを知っている方はあまりいないのではないでしょうか?

「電池で動くのがそうでしょ?」となると思いますが、半分正解です。
クォーツ時計は、水晶振動子(クォーツ)の振動を利用して時計を動かす技術が採用されている時計を指します。

機械式がゼンマイで動くのに対して、クォーツ式は電気が動力源となっています。圧電体の一種である水晶振動子に電圧を与えることで、均一に振動を繰り返す性質を利用しているのです。

均一に振動を繰り返すので、非常に高い精度を持っているのが特徴です。
さらに最新の電子テクノロジーとも親和性が高く、電波受信機能を搭載したクォーツ腕時計は、100万年に1秒の誤差しか発生しないものも存在するほどです。ヤバい。

良いことはそれだけではないんです!
大量生産が難しく、コストが高くなりやすい機械式に比べて比較的リーズナブルな価格で購入できるものが多いこともクォーツ式の良いところではないでしょうか?

セイコーの高級路線、あります。

時計業界に大きなムーブメントを起こし、日本のトップシェアを誇るセイコー。
品質がいいのは誰しもが知るところではありますが、冒頭でも言った通り、「ステータスシンボル」と言ったらやはり1枚落ちる感じは否めない…

そんなイメージを払拭するため、2017年にセイコーは独立ブランドである「グランドセイコー」を設立しました。

そもそもグランドセイコーってなんぞ?

実はブランド名になる前からその名前は商品として存在していました。
セイコーのハイエンドコレクションとして1960年に登場した世界基準の国産高級腕時計ラインがグランドセイコーでした。

発売した当時、既にスイスの公認クロノメーターを超越する精度の高さが実現され、1988年には精度を年差で示すほどの超高精度クォーツが実現されました。
1998年には高精度の機械式を復活させ、2004年からは独自の駆動方式スプリングドライブをラインアップしています。

2017年にはセイコーの廉価ラインと、グランドセイコーの高級路線を明確に線引きしよう!という戦略で単独ブランドとして独立し、グローバルブランドとしての道をしっかりと歩き出しています。

グランドセイコーの魅力

では、そんな高級路線に走ったグランドセイコーの魅力は一体何なのか?
ざっくり紹介しようと思います。

グランドセイコーの代表的なデザインはプライベートとビジネスの両方で幅広く使える、3針のスタンダードなブレスモデルです。

よく高級時計の名前に上がるスイスなどの時計メーカーのスポーツモデルやドレスウォッチとはデザインのテイストが異なり、年齢を重ねても使い続けられる飽きのこないシンプルさが魅力といえるのではらいでしょうか?

また、ムーブメントが自社製で、検査が厳しいことで知られるスイスクロノメーターを凌ぐ基準を軽くパスしているというハイクオリティな性能もグランドセイコーの大きな魅力の1つといっていいでしょう。

中でも珍しいハイブリッド機構である「スプリングドライブムーブメント」を搭載した製品も多くリリースされていて、外装だけでなく中身も納得できる腕時計として、世界中のファンを魅了しています。

最後に

世界に誇る日本のトップ時計メーカー「セイコー」は、卓越した技術力や優れたデザイン性、豊富な製品ラインナップなどで、国内外から高い評価を得ているブランドです。

セイコーの偉大な歴史や特色などを理解し、自分に合った一生モノの1本を選べるといいですね。

TADGroupブランド時計ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました