ロレックス売却前に!オーバーホールはするべき?

オーバーホール

ロレックスを売る際に、メーカーや修理業者にオーバーホールを依頼してから買取店に持ち込みされる方が多いです。
確かにオーバーホールされたばかりの時計は、買い取った後にすぐにメンテナンスをする必要がない為、査定額は上がる可能性が高いです。
しかし、売却される方が必ず得をするかというと、残念ながら…それはNOです。

今回はロレックスの正規オーバーホール料金を例にして、売却前にオーバーホールをするべきなのかどうかについて解説させていただきます。

まず結論からいうと、ロレックスを売却前にオーバーホールに出す必要はありません。
何故ならば、オーバーホールした事によってアップした査定額よりも、ロレックスのオーバーホール代の方が高くなってしまうからです。
査定額のアップを狙ってオーバーホールをしてから売りに出したけど、思ったよりも査定額がアップしなくてガッカリした…という声をよく聞きます。
それもそのはず、オーバーホールをしてからロレックスを持ち込んでも”1万円”ほど上乗せされれば良い方なのです。結果的にオーバーホール料金の方が高くついてしまいます。。

しかし、何故オーバーホールをしても査定額があまり上がらないのでしょうか??

その理由は個人と業者の修理費の違いにあります。
買取店は、自社で再販売する仕組みをもっている事が多い為、コストを抑えて販売に繋げるために、自社または提携工房にてメンテナンスを行っています。
自社で修理を行えばコストは人件費のみですし、提携工房でメンテナンスしても”業者価格”でメンテナンスを行えるため、個人のオーバーホール価格よりも遥かに安価で修理が行えます。
そのため、ロレックスを売ろうと考えている方が”オーバーホールしてコンディションを最高にした!”と思っても、実は買取業者はその費用の半分以下で修理・メンテナンスを行っている事がほとんどの為、自社でかかるコスト分しか査定額に上乗せすることは出来ないのです。

参考までに、ロレックスの正規オーバーホール代金をモデル別に。

モデル基本技術料
デイトナ88,000円
エクスプローラー77,000円
GMTマスター77,000円
サブマリーナー77,000円
サブマリーナーデイト77,000円
シードゥエラー77,000円
ディープシー77,000円
ミルガウス77,000円
デイトジャスト71,500円
デイデイト88,000円
スカイドゥエラー110,000円

上記の料金はあくまでも基本技術料のみの話なので、別途部品交換代がかかります。
スカイドゥエラーやヨットマスターIIといった複雑な機構のモデルであれば10万円を超える修理やメンテナンス費がかかることも珍しくありません。
買取業者に頼んでみても、このオーバーホール代金を買取金額に上乗せして貰うことは難しいでしょう。。
先ほどの話の通り、約1万。
かなり頑張って貰っても2万円ほどしか上乗せ出来ないのではないでしょうか。
修理費が高いモデルであればもう少し上乗せすることも可能ですが、その場合ユーザー側の修理費も高くなるため、結局は損をしてしまいます。
正規オーバーホール代金をご覧いただければお分かりいただけるとは思いますが、オーバーホールをしてからロレックスを売りに出して得をする事はまずありません。

もし、手持ちのロレックスを売りに出したいと思った時は、付属品を揃え、外装のみを綺麗にしてからお持ち込みする事をお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました