チューダー(TUDOR)って知ってる?

チューダー

どうも、こんにちわ。ロレ山です。時計ブーム、まだまだ止まるところをしらないですね。
その中でもやはり人気のあるのはロレックスですが、時計ファンの間で根強い人気を持つブランドである「チューダー」のことは皆様ご存じでしょうか?
今回はチューダーについてご紹介しようと思います!!

チューダーのイメージは?

さて、チューダーのイメージというと、「チューダーはロレックスの廉価版」だとか「ロレックスを買えない人のためのブランド」みたいな声が聞こえてきます。

確かに一昔前はそうだったかもしれません。
果たしてチューダーは今でもロレックスの廉価版なのでしょうか?
そんなことはありません。今は独立した人気ブランドとして成長を遂げています!

ここからはチューダーの魅力を掘り下げていきます。

もともとは廉価版だった…

チューダーは1930年代、ロレックスのディフュージョンブランドとして誕生しました。
※ディフュージョンブランドとは、普及を目的とし、知名度の向上や販売の拡大の為につくられた「廉価ブランド」のこと。

創始者はロレックスの生みの親であるハンス・ウィルスドルフ氏。
まさにチューダーとロレックスは兄弟ブランドと言えますね!

当時ロレックス本社のあったイギリスでの市場拡大を目的に「一般庶民」向けに作られたブランドがチューダーでした。

チューダーの名前の由来は?

チューダーという甘えの由来は「エリザベス1世」を輩出したイギリス王家の1つである「チューダー家」にちなんだものらしい。
誰もが知っている王家の名前をブランド名にすることで、イギリス庶民に親しまれるブランドとして定着させることが狙いだったらしい。

大丈夫なのか!?商標とか。

とはいえ、この狙いは見事に的中し、チューダーはロレックスの普及モデルとしてイギリスの一般庶民に受け入れられ、知名度をどんどん上げていくことになります。

素晴らしい製造技術を誇りながらも、時計製造コストが高く認知度が低かったロレックスに対して、低価格で一般庶民に親しまれたチューダー。

結果的にはチューダーが世間に認められたことで、ロレックスの認知度は急激に高まり、ロレックスは現在の「世界的に有名」なブランドとして認められるようになりました。



チューダーにはロレックスのパーツが使われている!?

チューダーの最大の魅力、それは比較的安価でありながら(そのほかの高級時計と比べて。けして安くはない)文字盤やリューズ、裏蓋といった大半パーツにロレックスのパーツが使われているということです。
特に世界初の腕時計用防水ケースであるオイスターケースがチューダーにも採用されているのは大きな魅力の一つです。

また、もう一つ挙げておくべきなのが、サイズやカラーバリエーションが豊富なブランドであること。
チューダーはロレックスの普及モデルというイメージが強く、実際に1970年以降にロゴモチーフが薔薇から盾モチーフとなった後はロレックスの普及モデルとしての売り出し方が強くなります。

特にモデル名が同じである「サブマリーナ」なんかはもうロレックスと瓜二つ!
チューダー・サブマリーナと呼ばれていて、かなり有名です。

チュードル サブマリーナ 79090 SS 【中古】【送料無料】 メンズ TUDOR チューダー チュダー エタCal.2824-2 040105TTZYG-13474

これがチューダー

【60回払いまで無金利】ロレックス サブマリーナ デイト 16610 オールトリチウム T番 メンズ(006XROAU2715)【中古】【腕時計】【送料無料】

こっちがロレックス

違いわかんないでしょ?
ロゴ以外一緒。ちなみにロレックスと同じように青文字盤も存在してます。

サブマリーナ以外にも「チューダーのレンジャー/ロレックスのエクスプローラー」「チューダーのオイスタープリンス/ロレックスのオイスターロイヤル」といったように、ロレックスとデザインが似ているモデルがチューダーには数多くあります。外観はほぼロレックスなので、時計に詳しくない人が見ればロレックスの時計だと勘違いしてしまうかもしれません。

なぜチューダーは安いのか?

チューダーはパーツのほとんどがロレックス製。
にも関わらず、なぜここまでの低価格を実現しているのでしょうか?

その答えはズバリ、「ムーブメント」です。

ロレックスのムーブメントはマニュファクチュール(腕時計のムーブメントから自社で一貫して製造するメーカーのこと)として自社製を使っていますが、兄弟ブランドであるチューダーのムーブメントは他社製であるETA社製の汎用ムーブメントを使用しています。
ETA社のムーブメントはオメガやパネライ、タグホイヤーといった一流メーカーで使用されているムーブメントであり、ロレックスの自社開発ムーブメントと比べても遜色のない性能のムーブメントです。

ただ、チューダーのムーブメントはETA社の最高級ムーブメントではなく「汎用ムーブメント」を使って製造コストを下げています。汎用ムーブメントとはいっても、精度自体は一定品質以上を保っており、問題なく使用することができます。
ていうかそこまで気にしなくていい。

じゃあチューダーとロレックスの違いは?

ムーブメントの差はあっても遠目から見れば非常に似ているロレックスとチューダー。
むしろ着用していてもしっかり見ないとわからないくらい似てる。

だけれど、チューダーにはロレックスにはない「チューダーローズ」「盾デザイン」のロゴが配されており、独自の存在感をもっています!

これはチビバラ

ューダーの薔薇モチーフは「チューダー・ローズ」と呼ばれていて、大きい薔薇は「デカバラ」小さい薔薇は「チビバラ」という愛称でしたしまれています。
中には現行のロゴである「盾」と「薔薇」を交えた「盾バラ」と呼ばれるものも存在します。

この「チューダーローズ」1970年以前のモデルに使われており、アンティーク時計として高い人気を持っています。

【TUDOR/チュードル/チューダー】SUBMARINER/サブマリーナ/Ref.7928/バラサブ/Cal.390/自動巻/1967年製/w-24467

これは盾

こちらは1970年以降のモデルに配されるようになった「盾デザイン」のロゴ。

薔薇ロゴは人気があったんですけど、手間のかかる立体的なデザイという理由から、より低コストで製造ができる現在の盾モチーフに変更になりました。
どっちのロゴもチューダーっぽくてイイけれど、私は薔薇ロゴの方がイメージ強い。

いったんまとめ

もともとはロレックスの下っ端的ブランドだったチューダー。
現在では廉価ブランドから脱却し、ひとつの独立したブランドとして独自の道を突き進んでいます。

2015年には初となる完全自社開発ムーブメント「MT5601」を発表し、2016年のバーゼルワールドではケースの材質に「銅」を採用した「ヘリテージ・ブラックベイ・ブロンズ」を発表し大きな話題を呼びました。

現在発表するチューダーの時計は一目でチューダーと判別できるほどの独自性を生み出しています!

独自路線に進んでもリーズナブルな価格で高品質な時計を提供するチューダーは今後の動向に目が離せない注目のブランドですね。
なので次回もチューダーについてご紹介していこうと思います。

ブランド腕時計レンタルサービス

TADGroupブランド時計ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました